2005年11月10日

5%ルールの見方(続)

株式の5%ルール報告(大量保有報告書)の見方を実際の画像を使って説明してみました。長々と書いていますが結構簡単です。
前回の説明とあわせて見るとよりわかりやすくなると思います。 

まずEDINETに行き「有価証券報告書等の閲覧」をクリック(下図の赤線で囲んだところ)

EDINETはこちら→http://info.edinet.go.jp/EdiHtml/main.htm


↓ 

次に内国会社の所の「○」をクリックしてチェックする





検索ボックスに調べたい会社名を入れて検索ボタン押すか50音の表から調べたい会社の頭文字をクリック





目的の会社名が出てくるはずなので名前部分をクリック(試しにニッポン放送について調べてみました)





発行者(つまりその会社自身)の提出した書類一覧が出てきます、5%ルール報告(大量保有報告書)をしていればその中に「大量報告書」や「変更報告書(大量保有)」等の書類があるはずです。あとは見たい書類をクリックすればOKです。





次に発行者以外の提出した書類の方にチェックをつけます





こちらにも過去に5%ルール報告(大量保有報告書)がされていれば「大量報告書」等があるはずです



これはニッポン放送の「発行者以外の提出書類」ですが、堀江さんのライブドア、フジテレビ、村上世彰さんのMACアセットマネジメントの名前があります。「変更報告書」や「特定対象株券」については前回の説明をご覧ください。


5%ルール報告(大量保有報告書)について今は便利なサービスがあってマネックス証券のマーケットライブというサービスでは最新の5%ルール報告(大量保有報告書)の内容(提出者と枚数のみ)を見たり、過去3か月分の5%ルール報告(大量保有報告書)の内容についても検索機能を使って簡単に調べることができます。

マーケットライブの画面


マーケットライブは四季報速報、フィスコ、株式新聞社、日経QUICKニュースの市場動向のコメントをリアルタイムで見ることができます。マーケットライブはマネックス証券に口座さえ持っていれば無料で使えるのでオススメです、もちろん口座維持手数料も無料(→口座開設はこちら)
ただマーケットライブでは5%ルール報告(大量保有報告書)の詳しい内容(いつ何株売ったか等)はわかりませんので、普段はマーケットライブで5%ルール報告(大量保有報告書)をチェックして気のなるものがあればEDINETで詳しく調べるのが楽だし時間の節約にもなると思います。
posted by ルル at 06:03| ●マーケット情報の見方 | 更新情報をチェックする